女性作業員

適切な処理が必要

不用品

埼玉でこれら排出される油脂や油状物質は、いずれも可燃性であるため引火点70℃以下の廃油は廃棄物の処理、清掃に関する法律で特別管理産業廃棄物に分類され、厳重に管理されております。機械などの定期的なメンテナンス時の排出される使用済みのタービン油、自動車のエンジンオイル、化学工場から排出される各種の有機溶剤、タール、ピッチ系の廃油といった各種の用途で使用済みとなった廃油が日常的に大量に産業廃棄物として排出されております。このように廃棄される廃油には、例えば、潤滑油の性能を向上させるために、各種の添加剤が縫合されており、人体の害を及ぼす化学物質も含まれている物もあります。このように廃油といっても形態は多種多様であり、その分埼玉でも別作業やリサイクル、廃棄処分等について解決する問題が多々あります。

埼玉の工場等から排出された産業廃棄物である廃油は、燃料用や再精製し工業用潤滑油として再利用されるております。工業産業廃棄物から出される以外に、家庭や食品加工等で使用済みの動植物油である大豆油、牛脂、うおゆ等の廃油は、工場等で大量に排出される廃油量と比較にならないほど少量であり、分別の回収を効率的に行うことが急務となっております。現在、家庭などから排出される廃油は、食品スーパーで回収容器を設置しているところがあり、各家庭から排出油される廃油の回収に努めております。これら回収された家庭や食品加工油の再利用が進められており、自動車の燃料用としてリサイクルされております。リサイクルの輪を広げるために、埼玉市民の力を合わせると共に公的にも強力なバックアップすることが必要です。

Copyright ©2016 混合廃棄物などの処理は信頼できる業者に依頼しよう All Rights Reserved.