女性作業員

選別は重要

廃品

産業廃棄物は、その種類によって処理工程が大きく異なります。また、その種類によって収益率も大きく異なるので、産廃選別の作業が重要な役割を担っているのです。 廃棄物の回収の過程で、種類ごとに回収することができれば理想的ですが、一般的には、廃棄物は多種類のものが混在した形で排出されます。そこで、回収する側での産廃選別作業が必要になるのです。 排出された廃棄物については、どのような種類にものが含まれているか、ある程度は事前に把握できますが、必ずしもそれだけとはかぎりません。そのため、その選別過程においては、人の手による選別が欠かせないのです。 産廃事業の収益率は、この人手をどのように活用するかで大きく変わるのです。

産廃選別の具体的な工程については、たとえばアルミ缶とスチール缶を磁石で選別するというように、機械に任せることができることもあります。一方で、ビニール片を取り除くなどの作業は、機械化はかなり困難です。 そこで、産廃選別においては、自動化を合理的に導入することが収益率の向上のためには欠かせないのです。 基本的には、より収益率の高い種類の産廃を自動で選別できるように、システムを構築することが重要です。また、収益率の高いものならば、多少の人手を割いても、十分に収益を図ることができます。一方で、収益率の低いものについては、自動選別化できないものは、一括処理できるような方法を検討する方が合理的であると考えられるのです。

Copyright ©2016 混合廃棄物などの処理は信頼できる業者に依頼しよう All Rights Reserved.